生産体制|3次元設計・部品加工・組立と自社で行なっているからこそ短納期・高品質の製品が追求できます。

生産フロー

自動機の設計、内製加工部品、調達部品を含めた完成までの組立を社内で行っています。
また、組立後の機器調整や稼動テストなどは、工場での性能検証をできるだけ納入現場に近い条件で行うことで、より完成度の高い製品を生み出しています。
特に新規開発機器の機能改善や急な仕様変更などにも素早く柔軟に対応できるところが当社の強みです。

納品までの流れ

ヒアリングと打ち合わせ

1、ご用件のヒアリングと打合せ

お客様が自動化したい作業や箇所、当社の機械を利用してどのような効率化・自動化を実現したいのかを綿密にヒアリングした上で、当社の様々な経験や技術を元にお客様に最適なご提案をさせて頂きます。

設計

2、設計

お客様のご要望を元に決定した機械の基本計画、詳細設計の作業を行います。
必要があれば現地調査を行なった上で、3次元設計のデータをお持ちすることにより、お客様が導入時のイメージをしていただきやすく、今後の打合せなどがスムーズに進行し、納期の短縮にもつながります。

部品加工

3、部品加工

機械部品の加工については自社工場で内製作業を行なっています。
内製で行うことによりコスト・納期・品質の管理を徹底します。 また、急な仕様変更や不具合が生じた際の修正作業なども柔軟な対応が可能になります。

機械加工についての詳細はこちら

設備一覧はこちら

組み立て

4、組立

広々とした組立スペースにて組立作業をおこないます。
簡単なアッセンブリーから電気配線・ユニット組立まで様々な機械を組み立てします。

出荷前検査

5、出荷前検査

組み上がった装置が仕様通りに仕上がっているか、正常に動作するかを検査します。 お客様が使用する際のトラブルを未然に防ぐために、経験豊富なスタッフが万全の態勢で作業を実施いたします。

設置作業・試運転

6、設置作業・試運転

現地にて設置作業と試運転を行ないます。動作に問題が無いかをお客様にご確認いただいた上で納品となります。

納品後のメンテナンス

7、納品後のメンテナンス

納品時には運用者様へ運転操作の指導を致します。また、納品後も使用用途の変更や、アフターフォローの作業を行なっております。

当社製品や部品加工に関するご相談・お見積りなど、お気軽にお問い合わせください。

Copyright ©Sanada-Seisakusho Co.,Ltd. All Rights Reserved.